手ぬぐるみ

一枚の日本手ぬぐいから

「手ぬぐるみ」は、日本手ぬぐいを縫うことや切ることをせず、平面から立体へと形づくった事で、動物の形になっている時と広げて見たときの動物の図柄がまた違って楽しめます。日本手ぬぐいは、日本人の古くからの知恵がつまった生活用品でインテリアとしても楽しめ、ハンカチやタオルとしての実用はもちろん、最後は布巾・雑巾として無駄にすることなく使用できます。エコの観点からも、今また注目を集めています。

縫わない、切らない、手でたたむだけ

たたみ方を映像で解説します

たたみ方PDFダウンロード

職人の手作業による本染め

染め手法は、本染めの中の手捺染(てなせん)という技法で、職人の手作業により一本一本染め上げています。本染めによる染色は、そのときの気候や糊の硬さ、染料の質、生地の状態によって変化し、細やかな染料の配合で繊細な色を出します。

日本人の知恵が詰まった道具

手ぬぐいの両端は、ハサミで切ったままの状態になっています。昔からとても清潔好きな日本人は、端を糸などでまつると、その部分が乾燥しにくく、ばい菌などが発生すると考えたのです。手ぬぐいは何より合理的で衛生的な日本人の知恵が詰まった道具なのです。

感性教育ツールとして

手ぬぐるみは、感性教育ツールとしての役割を果たしたいと考えています。一枚の布を親子で、家族で、会話をしながら作り上げていく形。手先を使うことは、脳の発達にも良いと言われています。お子様からお年寄りまで楽しく布にふれる、そんな時間を提案したいと思います。

感性教育ツールとして

こんな形が欲しい~
ご要望に応じてプロダクトデザイナーがオリジナルの手ぬぐるみを考えます。イベントグッズ、ご当地キャラクター、特産物の手ぬぐるみなど、商品開発のご相談も承ります。

旭山動物園グッズコンテスト グランプリ受賞

手ぬぐるみ旭山動物園シリーズは、お土産としてお持ち帰り頂いた後も毎日の生活の中でお使い頂き、それぞれのデザインが旭山動物園の思い出をまた思い起こさせ、再来園の思いを巡らせて頂けるような製品といたしました。

※手ぬぐるみは2008年旭山動物園グッズコンテストにてグランプリを受賞いたしました。旭山動物園内のショップにて取り扱っております。

「Meet the FURUSATO」で弊社の手ぬぐるみが紹介されました!
2:55あたりからです。

  • 北極ぐま

    1,296円(税別)

  • ぺんぎん

    1,296円(税別)

  • あざらし

    1,296円(税別)

北海道旭川から

大雪山の麓に位置する旭川は、綺麗な水の宝庫でもあり、その水で染め抜かれた色はとても美しい色となります。旭川で培われた捺染の技術が生かされた図柄と、旭川が持つ形創りの技術を旭川動物園の愛らしい動物達に形どり、旭川の技術を形にした製品といたしました。

「手ぬぐるみ」は、旭川の特定非営利活動法人指定就労継続支援(B型)事務所にて折られており、知的障害や精神障害の方々が生産に関わっています。

  • Youtube
  • Facebook